第44回三田納涼カーニバル2016

0

    7月23日土曜日に毎年恒例の三田納涼カーニバルが開催されました。

     

    今年で44回目を迎えます。

     

     

    リボリアンティークスの目の前、札の辻交差点から東京タワーに向かって三田2丁目の交差点まで歩行者天国になります。

     

     

    時間は4時から9時で、

     

     

    3時半ぐらいから続々と人が集まってきます。

     

    この後、オープニングパレードやご来賓の方々の挨拶があり、お祭りスタートです。

     

     

    道の両側に沢山の出店が出ます。

     

    札の辻交差点と三田2丁目の交差点に特設ステージができ、慶應義塾大学の応援団やチアリーダー

     

    ハワイアンダンスやジャズなど様々な出し物が行われました。

     

    札の辻側の交差点ではパステル☆ジョーカーのライブも行われ

     

     

    いよいよ三田納涼カーニバルのメイン

     

    サンバカーニバル始まりました!

     

     

     

     

    リボリアンティークスの3階から撮影

     

     

     

    と、大変にぎやかなお祭りですので今年お越しいただいた方、お越しいただけなかった方も、ぜひ来年もお越しください!

     

     

     


    アリスティド・ブリュアンの歌集「巷にて」

    0

      今回紹介しますのは、こちら

       

       

      アリスティド・ブリュアンの歌集「巷にて」

       

      アリスティド・ブリュアンがシャノワールやミルリトンで歌った歌をまとめたものです。

       

      題名の「Dans la rue」とはそのまま訳すと、「通りにて」となりますが、1985年の展覧会の和訳が「巷にて」

      でしたので、巷にてにいたしました。他には「街にて」などと訳されている方もいます。

       

      フランス語は発音が難しいのでアリスティド・ブリュアンにしても、スペルはAristide Bruantなので、

      アリスティードやアリスティッドなど表記も大変です。

       

      それでは「巷にて」の中身を紹介していきます。

       

       

       

      今回開催する「アリスティド・ブリュアン展」でも展示するページ、アリスティド・ブリュアン直筆の

      サインが書かれています。

       

       

      中はこのように楽譜と歌詞そしてイラストが描かれています。メインのイラストはテェオフィル・スタンラン。

       

       

       

      説明なども書かれています。

       

       

      前回のブログで書きましたロートレックの別名トレクロ―のイラストも。

       

      ですが、ロートレックのイラストは

       

      こちらでした。

       

       

      ですので、赤まるの箇所はスタンランが描き足したものだと思われます。

       

       

      スタンランの描いたアリスティド・ブリュアン

       

      イラストも満載で、機会があれば他のページも紹介いたします!!

       


      企画小展示の準備〜その1

      0

        7月21日よりギャラリーリボリアンティークスで開催する企画小展示「モンマルトルの偉大な歌手アリスティド・ブリュアン展」の準備の様子です。

         

        今回は展示する作品は17点前後

         

        機関紙「ル・ミルリトン」に描かれているアリスティド・ブリュアン

         

        ロートレックが別名で「ル・ミルリトン」に描いた作品

         

         

        アリスティド・ブリュアンのサイン本

         

         

        など、アリスティド・ブリュアンの発行していた機関紙「ル・ミルリトン」を中心に、一般の展覧会ではあまり見られない作品を展示します。

         

        個々の作品の説明はこれから更新していきます。

         

         


        企画小展示「モンマルトルの偉大な歌手であるアリスティド・ブリュアン展」のお知らせ

        0

          企画展のお知らせ

          ギャラリー リボリアンティークスの2階において小さいですけれども企画展を行っております。

          今回は、モンマルトルの偉大な歌手であるアリスティド・ブリュアンにまつわる貴重な物を10点ばかし展示する予定です。

           

           



          期間は7/21~11/19 入場無料です。

           

           


          アリスティド・ブリュアンとは  

           

          略歴

          1851年フランスのロワレ出身のシャンソン歌手。黒い帽子に赤いスカーフがトレードマークで、歌手であるけれどもキャバレーにきた客を罵倒する芸風で大変に人気を博す。

          ルドルフ・サリが作ったキャバレー「シャノワール」にも出演し、その店の名前「シャノーワール」というシャンソンも作った。
          後に、サリがシャノワールを移転すると、跡地に自分のキャバレー「ル・ミルリトン」(笛)をオープン、またアンバサドールやエルドラドなど、他のカフェコンセールでも歌い大人気となりました。

          代表作

          ル・シャノワール
          サンラザール など

          アリスティド・ブリュアンを描いた画家

          トゥールーズ・ロートレックは、アリスティッド・ブリュアンの絵をよく書いています。有名なアンバサドールやエルドラド、または、ブリュアンの機関紙「ル・ミルリトン」にも偽名にてイラストを投稿しています(展示予定)

          テオフィル・スタンランもまた、アリスティッド・ブリュアンと関係の深い画家です。ブリュアンの歌集の挿絵や表紙など非常に多くの作品を描いています。

           


          リボリで閲覧できるカタログレゾネ

          0

            リボリアンティークスの東京都港区にあるギャラリーで閲覧できるカタログ・レゾネの一覧です。

             

            リボリで閲覧できるカタログ・レゾネ一覧はこちら

             

            Catalogue Raisonné

            カタログ・レゾネとはフランス語で、「体系だった・理論に基づいたカタログ」という意味で

             

            内容はその画家の作品が年代ごとにまとめられており、絵のサイズ、使われた紙の種類などが書かれている本のことです。

             

             

             

            ロートレックやミュシャ、そしてシャノワールが好きな人のために

            リボリアンティークスは、美術品の販売だけが目的のギャラリーではございません。

            芸術をもっと一般的に、気軽に鑑賞できる場所、ロートレックやミュシャが好きな人同士が集まる場所を目指し、日本ではなかなか見ることのできない、ロートレックのムーラン・ルージュ、スタンランのシャノワールとヴァンジャンヌの牛乳など、有名な作品を一般のお客様にも見ていただけるよう無料公開いたしております。ぜひ一度本物の迫力・大きさを体感してください。日本で(もしかしたら世界でも)この3枚の作品を常設している所はリボリアンティークスだけだと思います。

            ※ロートレックやミュシャが好きな方や勉強されている方のために、店内にあるレゾネや図録などの資料も閲覧できます。




            スタンランのシャノアールとロートレックのムーランルージュを常設展示

            リボリアンティークスのポスター第5弾

            0

              リボリアンティークスビルの第一京浜側、正面向かって右側に大きなポスターを貼っております。昔のパリでは、広告用のポスターを壁に貼って宣伝していたことへのオマージュです。

              そのポスターもおかげさまで、第6弾。
              (第1・3・4・5弾はブログにアップしていませんが機会があれば)





              今回はこのような感じにしました。

              このポスターの元の絵わかりますか?

              前回のポスターは文字だけ変えたのですが、今回は2枚の絵を合成してあります。

              1枚目



              レスタンプ・モデルヌの表紙です。

              でもこれだと、女性がカラーではありません。

              なので、2枚目はミュシャのポストカード
               



              この2枚を合成しつくりました。ミュシャはポストカードにするときに彩色した作品もいくつかあります。
               


              本日オープン

              0

                本日3月3日に本社ビルを建替え新しいギャラリーがオープンいたしました。


                 

                以前ありました、サロンよりも広くなり、1・2階がリボリアンティークスのギャラリーとなっており

                ロートレックやミュシャなどの当時のリトグラフや、アンティークスポストカードを販売いたしております。



                お近くにお越しの際は、お気軽にお越しください。


                3月3日オープン!

                0


                  2016年3月3日にリボリアンティークスがリニューアルオープンいたします。

                  パリのアンティークポスターやポストカードなどを取り扱っていますので、お近くにお寄りの際はぜひお立ち寄りください。

                  開店に向け準備をすすめていますが、今日は店内の写真を少しupします。

                   

                  以前より広く、常時100点以上の作品をご用意いたしております、リニューアルオープンまで今しばらくお待ちください。
                   


                  リボリアンティークスビルのご案内その1

                  0

                    現在建て替え中のリボリアンティークスビルがいよいよ来春にオープンいたします。


                    実はこのリボリアンティークスビルにはちょっとした仕掛けがあります。

                    それはビルの右側!

                    そこに


                    このようにポスターを壁に直接貼ってあります。

                    これは1890年頃のパリではポスターといえば壁に直接貼っていましたのをイメージしています!

                    この絵はアリスティッドブリュアンが発行していた「ミルリトン」の表紙

                    左に描かれている絵が、ロートレックの有名なポスター


                    でも、このミルリトンの表紙を書いているのは黒猫で有名なスタンラン!?

                    この当時は有名な画家が他の有名な画家の絵を描くことがよくあります。

                    そこで、今回リボリに貼ってあるポスターはクリスマスバージョン!


                    この影の男のわかりますか?



                    実はロートレックのムーランルージュが元ネタです。

                    定期的にポスターは張り替えるので、お楽しみに!あと必ず元ネタがあるように作りますのでぜひ、元ネタを探して見てください。




                     


                    エッフェル塔の鉄骨を再利用した時計!?

                    0

                      みなさん、エッフェル塔の鉄骨を再利用した時計があることをご存知ですか?

                      エッフェル塔は1889年にパリの万国博覧会のために建てられた当時世界一高い建物(1930年まで)です。

                      今ではパリを代表する建物ですが、建築当初はいろいろと反対もあり、実は1909年には解体される予定でした!?
                      しかし、ラジオの普及など無線を飛ばす塔としての役割が出き、取り壊されずに済みました。日本の東京タワーやスカイツリーなどは電波塔の役割が最初からありましたが、エッフェル塔はただの万博のモニュメントなのでその役割がなかったのです。

                      ちなみに1889年にパリで出来た建物でもう一つ有名なものがあります。

                      わかります??

                      それは

                      そうムーランルージュです。実はムーランルージュとエッフェル塔は同じ1889年に出来ました。

                      と、話が脱線しましたが、このエッフェル塔の鉄骨を再利用した時計があるのです!!

                      それがこちら



                      エッフェル塔が改修工事をした時に、使用していた鉄骨の一部を譲り受け、その稀少なスチールを再加工してベゼルを製作したそうです。

                      ベゼルとは縁のブロンズ色の部分。下の写真と見比べてもらえば分かりますがこのエッフェル塔のスチールからカットしたベゼルは
                      幾何学的なフォルムとブラウンカラーをいかしています。

                      これはエッフェル塔を下から見上げた写真

                      しかもこの時計には

                      エッフェル塔委員会の真正証明書がついてきます。

                      このように1889年の物を利用して新しいのをつくる、これも一つのアンティークの形だと思い紹介しました。



                      新着記事

                      カテゴリー

                      archives

                      recommend

                      サラ・ベルナールの世界 ーパリ世紀末ベル・エポックに咲いた華ー
                      サラ・ベルナールの世界 ーパリ世紀末ベル・エポックに咲いた華ー (JUGEMレビュー »)

                      リボリアンティークスが協力させていただいている展覧会の公式図録兼書籍です。代表中村大地が執筆した作品解説も収録されていますので興味のある方はぜひお求めください。

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode