シャンフルーリの「猫 Les Chats」とマネの「猫の逢引(ランデブー)」

0

    シャンフルーリの「猫 Les Chats」とマネの「猫の逢引(ランデブー)」

     

    「猫の逢引」エドゥアール・マネ

     

    前回の記事で紹介した「猫の逢引き(ランデブー)」le Rendez-vous des chats

     

    この作品は、小説家であり美術批評家であったシャンフルーリによる猫について書かれた本「猫 Les Chats」の宣伝のためのポスターです。

    シャンフルーリ「猫」

     

    こちらが、シャンフルーリが執筆した「猫」、写真は1870年に発行された第5版です。

     

    この本は1868年に発行されてから人気が高く1870年にはマネなどの新作版画「猫と花」を含む豪華版である第5版が製作されます

     

    マネ「猫と花」

     

    第5版に収録されているマネの「猫と花 Le Chta et Les Fleurs」

     

    そしてシャンフルーリの「猫」には1868年の初版からマネの挿絵が1点掲載されておりこちらも第5版にも掲載されています。

     

    その作品が、1枚目のポスターを反転した「猫の逢引(ランデブー)」

     

    マネ「猫の逢引(ランデブー)」

     

    ただし、この作品はただ単に反転しただけでなく2匹の猫も新たに描き特に黒猫は表情や尻尾、影など大分雰囲気が違います。

     

    なぜ反転させたのか、表情が違うのか気になります。またこの画像では見えませんが、1枚目のポスターには月に顔がありますが2枚目の挿絵には顔がありません。

     

    最後に、この本には日本の浮世絵師である北斎にもついて書かれていて、北斎の猫も収録されています。

    ちなみに北斎のフランス語表記は「Hok'sa」発音についても書かれておりFO KOU SAYと呼ぶなど当時フランスではジャポニスムが流行していたこともありすでに北斎の名は広く知られていたようです。

     

     

    収録されている北斎の挿絵

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    リボリアンティークスのネットショップ

    ネットショップ

    実際に作品をご覧になりたい方は

    side-gallary.jpg

    新着記事

    カテゴリー

    archives

    recommend

    サラ・ベルナールの世界 ーパリ世紀末ベル・エポックに咲いた華ー
    サラ・ベルナールの世界 ーパリ世紀末ベル・エポックに咲いた華ー (JUGEMレビュー »)

    リボリアンティークスが協力させていただいている展覧会の公式図録兼書籍です。代表中村大地が執筆した作品解説も収録されていますので興味のある方はぜひお求めください。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode