アルフォンス・ミュシャ「サラ・ベルナール」 1896年

0

    アルフォンス・ミュシャ「サラ・ベルナール」 1896年

     

     

    アルフォンス・ミュシャが1896年に手掛けたこのポスターは、ラ・プリュム誌が12月15日号にて「サラ・ベルナール」の特集を組むことを告知したものです。実際には編集の都合により12月15日号には掲載されませんでしたが、このポスターは同年同月にグラン・ホテルで開催されたサラ・ベルナールの栄光を讃える「サラ・ベルナールの日」のポスターとしても文字を差し替えて使用された。

     

     

    このポスターに書かれている文字は

    女性の周囲に

    SARAHA・BERNHARDT サラ・ベルナール

    と書かれ

     

    左から

    LA PLVME(PLUME) ラ・プリュム

    du 15 décembre 15日 12月

    PVBLIERA VN ARTICLE SVR (PUBLIERA UN ARTICLE SUR)記事を掲載

    SARAHA BERNHARDT サラ ベルナール

     

    と書かれています。ここで面白いのはアルファベットので表していることです。

    この時代のポスターにはしばし見れれる書き方でミュシャ以外の画家も使用しています。

     

    また描かれている女性は、もちろんサラ・ベルナールであり百合の冠と格好からもサラが演じた遠国に姫君「メリザンド」であることがわかります。

     

     

    こちらはメリザンドの格好をしたサラの写真、百合の冠と服装が似ていることがわかります。

     

    下の画像は、1900年頃にポストカードとして改めて製作された物

     

     

    女性の背景のモザイクのデザインや冠等の色彩が変更され、サラ・ベルナールの文字は消去されています。

     

    当時のポスターやポストカードはサイズの違いがそのまま縮小や拡大をしているわけではなくデザインや色彩など調整をしているものがほとんどです。見比べる機会がありましたらどこが違うのか探してみるのも楽しいと思います。

     

     


    コメント
    コメントする








       

    リボリアンティークスのネットショップ

    ネットショップ

    実際に作品をご覧になりたい方は

    side-gallary.jpg

    新着記事

    カテゴリー

    archives

    recommend

    サラ・ベルナールの世界 ーパリ世紀末ベル・エポックに咲いた華ー
    サラ・ベルナールの世界 ーパリ世紀末ベル・エポックに咲いた華ー (JUGEMレビュー »)

    リボリアンティークスが協力させていただいている展覧会の公式図録兼書籍です。代表中村大地が執筆した作品解説も収録されていますので興味のある方はぜひお求めください。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode