ムーラン・ルージュ開店のポスター

0

    ムーラン・ルージュ開店のポスター

     

     

    今回紹介する作品は、エッフェル塔と同じ年1889年にモンマルトルにオープンしたムーラン・ルージュのポスター

     

     

    ムーラン・ルージュは1889年にパリのモンマルトルに開店したキャバレーで、フレンチカンカンなどの出し物やレヴューとよばれるショーなどで人気を博し、現在も営業を続けるパリを代表するスポット。

     

    そのオープンの際に使用されたポスターがジュール・シェレの作品で、新聞などには白黒の作品も広告されました。

     

    (1889年の新聞に掲載されたムーラン・ルージュの広告)

     

    また当時どのように飾られていたかというと

     

    (1889年の開店当時と思われるシェレの描いたポスターが写っている写真)

     

    小さくて分かりにくいかもしれませんが店頭などに看板として飾られていました。

     

    拡大

     

     

    ムーラン・ルージュのポスターと言えばトゥールーズ・ロートレックの作品が有名ですが、ロートレックのポスターはシェレの作品の2年後に製作された物

     

    (トゥールーズ・ロートレックが1891年に描いた「ムーラン・ルージュ・ラ・グーリュ」)

     

    シェレはムーラン・ルージュの外観を描き皆が赤い風車(ムーラン・ルージュ)に向かっていく様を描きましたが、一方ロートレックはムーラン・ルージュの内部、ダンサー2人に焦点を当て描いています。

     

    シェレもロートレックも同じく金髪の女性を描いていますが、ロートレックの描いた女性は、題からもダンサーのラ・グーリュであることがわかりますが、シェレの場合ラ・グーリュとも思われますが、シェレはあまり人物の書き分けをせず、理想のパリの女性(パリジェンヌ)であるシェレットとして女性を描くので不明。

    しかしシェレの描くシェレットに作品遍歴からもラ・グーリュが影響を与えた可能性は多大にあると思われます。

     

    今回は、シェレのムーラン・ルージュを紹介しましたが、このブログでは様々なアール・ヌ―ヴォ―にまつわることを紹介しています、毎週金曜日に更新いたしますのでよろしければご覧ください。

     

    それでは、また来週

     


    コメント
    コメントする








       

    新着記事

    カテゴリー

    archives

    recommend

    サラ・ベルナールの世界 ーパリ世紀末ベル・エポックに咲いた華ー
    サラ・ベルナールの世界 ーパリ世紀末ベル・エポックに咲いた華ー (JUGEMレビュー »)

    リボリアンティークスが協力させていただいている展覧会の公式図録兼書籍です。代表中村大地が執筆した作品解説も収録されていますので興味のある方はぜひお求めください。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode