京都と大阪で「サラ・ベルナールの世界展」を観てきました。

0

    京都と大阪で「サラ・ベルナールの世界展」を観てきました。

     

    11月17日から京都で、そして23日から大阪の2ヶ所にてサラ・ベルナールの世界展が開催されているので行ってきました。

     

    今年は日仏交流160周年ですが2018年は京都とパリも60周年という記念すべき年のようです。

     

    まずは京都展のチラシ

     

    サラ・ベルナール展ー京都

    パリ世紀末に咲いた華 サラ・ベルナールの世界 〜京都特別展〜

    京都工芸繊維大学 美術工芸資料館様

     

    そして大阪展のチラシ

     

    サラベルナール展―大阪・堺

    サラ・ベルナールの世界展〜ロートレック・ミュシャ・ラリックとともに

    堺 アルフォンス・ミュシャ館様

     

    どちらのチラシも描かれている女性は今回の展覧会のタイトルでもあるフランスの女優「サラ・ベルナール」

     

    京都展の表紙はウジェーヌ・グラッセのサラ・ベルナール。会場でも映像が上映されていますがこの作品はサラの希望により修正したバージョンが存在し、京都展では修正前と修正後の作品が展示されているので見比べることができます。

     

     

    一方、大阪・堺の表紙はアルフォンス・ミュシャのデビュー作ともいえる「ジスモンダ」

     

    このジスモンダはアール・ヌ―ヴォ―の先駆者であるグラッセの「ジャンヌ・ダルク」(京都展の表紙の作品です)の影響を受けたと言われています、そして大阪でもミュシャとグラッセの作品が展示されていますのでぜひ見比べてみてください。

     

    そして大阪では、なんといってもトゥールーズ・ロートレックが描いた「サラ・ベルナール」も展示されています、この作品は大変珍しくロートレックの展覧会でもめったに展示されません。ロートレックがお好きな方はぜひご覧になってください。

     

     

    また鑑賞へのアドバイスとして、ほとんどの方はサラ・ベルナールの事を存じていないと思います、なので会場で上映されている映像をぜひご覧になってください。約18分で簡潔に生涯や主要作品が解説されているので大変わかりやすいです。

     

    京都は12月1日までですが大阪・堺では3月3日まで開催されています、この展覧会は巡回しますがこの後は関東地方の開催のみになりますのでご注意ください。詳しくは会期・会場についてはサラ・ベルナールの世界展のホームページやカタログをご覧ください。

     

    「サラ・ベルナールの世界展」

    https://www.sunm.co.jp/sarah/

     

     


    コメント
    コメントする








       

    新着記事

    カテゴリー

    archives

    recommend

    サラ・ベルナールの世界 ーパリ世紀末ベル・エポックに咲いた華ー
    サラ・ベルナールの世界 ーパリ世紀末ベル・エポックに咲いた華ー (JUGEMレビュー »)

    リボリアンティークスが協力させていただいている展覧会の公式図録兼書籍です。代表中村大地が執筆した作品解説も収録されていますので興味のある方はぜひお求めください。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode