クリスマスオーナメント

0

    クリスマスオーナメント

     

    ハロウィンも終わりいよいよクリスマス、今回はリボリアンティークスのツリーに飾られているオーナメント紹介します。すべて海外のクリスマスマーケットやお店で購入したものなので、珍しいものばかりです。

     

     

    店内の飾りつけもクリスマスに、螺旋階段の下にツリーを置き、イーゼルにリースをかけています。

     

    手前の台には小さな陶器のツリー

     

     

    このツリーはウィーンのオーストリア工房で購入した物。オーストリア工房は1903年にヨーゼフ・ホフマンが設立したウィーン工房のデザイングッズを扱うお店で、ウィーンに行ったときにぜひ行ってみたいと思ったお店でした。

     

    ウィーン工房とは、ウィーンのアール・ヌーヴォーともいえるウィーン分離派(クリムトやエゴン・シーレなどが有名)と密接な関係があります。しかし1930年頃に解散してしまいます。

    次は、ツリーやリースに飾ってあるオーナメントの紹介

     

     

    アール・ヌーヴォー柄のオーナメント・ボール

     

     

    ベル、今回は赤にしましたが、青や白もありました。

     

     

    キリスト誕生のオーナメント・ボール

     

     

    シャ・ノワールのオーナメント・ボール、こちらは小さい方。

     

     

     

    ちょと珍しい赤い星、海外では星は金が多く探すのが大変でした。

     

     

    パリのオペラ座にあったオペラ座の怪人のオーナメント

     

     

    ねずみ

     

     

    ネズミのバレリーナ、これは小さなネズミ「petit rat」がフランス語でオペラ座のバレエの練習生を意味しています。

     

    リボリアンティークスではクリスマスにちなんだ作品も扱っております。

     

     

    クリスマスに人気なミュシャの「ノエル」とてもきれいな作品です。

     

     

    こちらは1900年頃のクリスマスカード、犬と猫がソリやスキーをしているとてもかわいらしい作品です。

     

     

    田町や三田周辺にお越しの際はお気軽にリボリアンティークスにお越しくください。

     


    コメント
    コメントする








       

    新着記事

    カテゴリー

    archives

    recommend

    サラ・ベルナールの世界 ーパリ世紀末ベル・エポックに咲いた華ー
    サラ・ベルナールの世界 ーパリ世紀末ベル・エポックに咲いた華ー (JUGEMレビュー »)

    リボリアンティークスが協力させていただいている展覧会の公式図録兼書籍です。代表中村大地が執筆した作品解説も収録されていますので興味のある方はぜひお求めください。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode