ラファエル・キルヒナー Raphael Kirchner 1876-1917

0

    ラファエル・キルヒナー Raphael Kirchner 1876-1917

     

     

    1875年にウィーンで生まれたキルヒナーは、1900年頃よりパリで活躍し後にアメリカに渡り活動します。アメリカに渡ってからのキルヒナーの作品は、時代のアール・ヌーヴォーの終焉もあってかピンナップの要素が強くなりますが、ウィーンとパリで活躍していたことは上記の作品緒ように、ミュシャとは違ったアール・ヌーヴォーの表現をし人気を博しました。

    キルヒナーはミュシャとほぼ同時期に活躍した画家ですが、彼はその主な活躍の場をポストカード(絵はがき)の製作に求めました。アール・ヌーヴォーというとミュシャなどに代表されるポスターや装飾パネルや版画などと思われると思いますが、1900年頃になると、人気は小さくて収集しやすい、そして他人に送ることができるので感動を共有しやすいポストカードに芸術表現の場は移っていきます。1890年頃からポスター、版画ブームが1900年頃までおこり、その後1925年にアール・デコが流行しますが、その間の1900年頃から1914年(この後フランスは第一次大戦に入ります)は、ポストカード芸術が流行しました。実際にアルフォンス・ミュシャもこの時期にポストカードを制作しています。

     

     

    上記3枚は「マリオネット」と呼ばれるシリーズ6枚の内の3枚

     

     

     

    キルヒナー略歴

     

    1875年 ウィーンに生まれる

    ウィーンの造形美術アカデミーで学び

     

    1900年 パリでも活動する

    上記のようなアール・ヌーヴォー色が強い作品を多数製作する。

     

    1903年 この頃よりアール・ヌーヴォー色が弱まり、ピンナップのような作品が増える

     

    1914年 第一次世界大戦が勃発したためアメリカに移る。

     

    1917年 ニューヨークにて42歳の生涯を終える

     

     


    コメント
    コメントする








       

    新着記事

    カテゴリー

    archives

    recommend

    サラ・ベルナールの世界 ーパリ世紀末ベル・エポックに咲いた華ー
    サラ・ベルナールの世界 ーパリ世紀末ベル・エポックに咲いた華ー (JUGEMレビュー »)

    リボリアンティークスが協力させていただいている展覧会の公式図録兼書籍です。代表中村大地が執筆した作品解説も収録されていますので興味のある方はぜひお求めください。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode