文芸雑誌「ココリコ」(COCORICO)1899〜1902

0

    文芸雑誌「ココリコ」(COCORICO)1899〜1902

     

    「ココリコ」(COCORICO)とは1899年から1902年にかけて芸術家であるポール・ブティニ(Paul Boutigny)によりパリで発行された文芸雑誌です。19世紀末、いわゆるベル・エポックと呼ばれたこの時代、ジュール・シェレやトゥールーズ・ロートレック、そしてアルフォンス・ミュシャの登場により、ポスターや版画がフランスで大人気となります。それまでの一部の特権階級に向けた芸術から広く民衆に愛される芸術へとなっていき、ポスターもより芸術的に、そして著名画家の版画集などが販売されるようになります。そして、この1900年前後は特に装飾芸術への人気も高まり、ミュシャに代表されるような装飾パネルも製作されるようになります。装飾パネルとは家の内装を彩る広告物(ポスター)では無い比較的大きめの版画のことをです。ちなみに、装飾芸術のことはフランス語でアール・デコラティフいいますが、皆さんの想像されるアール・デコはカッサンドルやラリックなど1925年ごろの芸術様式のことだと思いますが、もともとは装飾芸術のことを指します。なので、ミュシャの時代でもアール・デコラティフという言葉は用いられますし、ミュシャのポスターにもその言葉は登場します。

     

    話が脱線しましたが、この時代はそれほど一般市民の芸術への関心が高まった時代でもあり、その時代にこたえるべく「ココリコ」誌は誕生しました。ココリコとはフランスを象徴する「雄鶏」の鳴き声「コケコッコ―」のことで、創刊号の表紙と中表紙のココリコのロゴデザインをアルフォンス・ミュシャが手掛けていますが、雄鶏が描かれています。

     

    ココリコ創刊号

     

    ココリコ中表紙

    ココリコ創刊号と中表紙

     

    ココリコロゴ、アルフォンス・ミュシャ

     

    中表紙上部のロゴはアルフォンス・ミュシャによるのもで、下部のラッパも持っている女性はアドルフ・ウィレットによるもの。日本ではあまりなじみがないかもしれないが、ウィレットはこの時代を代表する人気挿絵・風刺画家であり内装(装飾芸術)にも優れていて、キャバレー「シャ・ノワール」や「ムーラン・ルージュ」の内装も手掛けています。

    このラッパを吹く女性はこれ以降ココリコ誌のイメージキャラクターとなり、たびたび紙面に登場します。

     

     

     

     

    その他にも、アール・ヌーヴォーを代表する画家も多く参加し、

     

    テオフィル・スタンラン、ココリコ

     

    ジョルジュ・ド・フール、ココリコ

     

    テオフィル・スタンラン(画像上)やジョルジュ・ド・フール(画像下)、グリュンやパル(PAL)、コサール、ローデルなどが表紙を手掛けています。

     

    中にも数枚のイラストが掲載されました。

     

    ミュシャ10月

     

    テオフィル・スタンラン

     

    オーギュスト・ローデル

     

    そしてこの雑誌最大の特徴でもあるのが、当時の価格表が広告として載っていることです。このポスターはいくらで販売されている、ミュシャの装飾パネルはいくらなど今日ではとても貴重な資料になっています。

     

     


    コメント
    コメントする








       

    新着記事

    カテゴリー

    archives

    recommend

    サラ・ベルナールの世界 ーパリ世紀末ベル・エポックに咲いた華ー
    サラ・ベルナールの世界 ーパリ世紀末ベル・エポックに咲いた華ー (JUGEMレビュー »)

    リボリアンティークスが協力させていただいている展覧会の公式図録兼書籍です。代表中村大地が執筆した作品解説も収録されていますので興味のある方はぜひお求めください。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode