ロートレック展の内覧会に行ってきました。

0

    パリ❤グラフィックーロートレックとアートになった版画・ポスター展の内覧会に行ってきました。

     

    明日10月18日より東京丸の内の三菱一号館美術館にて「パリ❤グラフィックーロートレックとアートになった版画・ポスター展」が開催されます。

     

    今日は一般公開前の特別展覧会の日

     

     

    この展覧会はほんと楽しみにしていました。

    なぜかというと、この展覧会は今年の3月から6月までオランダのアムステルダムにあるゴッホ美術館の企画展「プリント・イン・パリ1900」の日本版だからです。

     

    今年ゴッホ美術館で開催された「プリント・イン・パリ1900」の図録

     

    ゴッホ美術館はこの分野の美術館としても世界有数で、一方三菱一号館美術館のロートレックの作品はロートレックの友人であったジュワイヤンのコレクションでありこの二つの美術館が協力した展覧会というだけで、この時代が好きな方なら必ず行くべきです。

     

    しかもなんと今回はロートレックの代表作「ムーラン・ルージュ・ラ・グーリュ」が写真にとれます!!

     

     

    これはすごいことじゃないでしょうか?

     

    さらに

     

     

    アリスティッド・ブリュアン(興奮して写真がブレていてすみません】

     

    そしてそして

     

     

    スタンランのル・シャノワールも!!

     

    これだけでも絶対行く価値のある展覧会です。撮影は全部のフロアーでできるわけではなくこのフロアーのみだったと思います。

    このフロアではアリスティッド・ブリュアンとイベット・ギルベールの歌も流れていました。

     

    また他には珍しいアベル・トルシェの油絵やロートレックの石版なども展示されており全部で140点展示されているので見応えも十分です。

     

    10月18日から来年2018年1月8日まで開催されています、このレベルの展覧会はなかなか開かれないのでベル・エポックのパリやアール・ヌーヴォーなどがお好きな方にはほんとにお勧めします。


    コメント
    コメントする