ムーラン・ドゥ・ラ・ギャレット〜2つの風車

0

    ムーラン・ドゥ・ラ・ギャレット〜2つの風車

     

    パリの郊外モンマルトルにあった、野外ダンスホール「ムーラン・ドゥ・ラ・ギャレット」

     

    ルノアールが描いた有名な絵

     

    ムーランとはフランス語で風車の事ですが、実はムーラン・ドゥ・ラ・ギャレットには風車が2つあることをご存知でしょうか

     

     

    テアトル広場から下りていくと、ガイドブックなどにも掲載されているレストラン、ムーラン・ドゥ・ラ・ギャレットが見えてきます。

     

    ここのレストランはおいしいのでお勧めです。

    レストランについてのブログはモンマルトルのおすすめレストラン「ムーラン・ドゥ・ラ・ギャレット」

     

    このレストランの風車をみて終える人がとても多いのですが、

     

    実はこの先に少し行くと、そこにも

     

    ムーラン・ドゥ・ラ・ギャレットがあります。

     

    しかもこの入口(私有地につき入れません)の左にパリの歴史案内の立て札があり、この立て札にはムーラン・ドゥ・ラ・ギャレットと書かれています。

    しかしガイドブックやネットなどにはレストランが昔からあるムーラン・ドゥ・ラ・ギャレットと書かれており、混乱すると思います。

     

    感のいい方はお分かりかもしれませんが、もともとこの二つは同じ敷地にありました。この2つの風車をつなぐようにダンスホールがあったのです。

     

    レストラン側からみたムーラン・ドゥ・ラ・ギャレット(1900年頃)

    左奥にうっすらと風車が見えます。

     

    2枚目の写真側からみたムーラン・ドゥ・ラ・ギャレット(1900年頃)

    右下に風車(現在のレストラン)が見えます。

     

    なので、ムーラン・ドゥ・ラ・ギャレットに興味のある方はぜひ奥の風車まで見に行ってください。

     

    なにより昔は奥の風車と入り口がムーラン・ドゥ・ラ・ギャレットのメインでした。

     

     

    1900年頃のメインエントランス

     

    現在の同じ場所

     

     

    しかも奥の風車(通称ブリュット・ファン、ちなみにレストランの風車はラデ)の足元にルノアールの描いた野外ダンスホールがありました。

     

    写真からもルノワールの作品の背景が見受けられます。

     

    私有地につき入れないのが残念ですが、少し足をのばしてみるのも楽しいと思います。

     


    コメント
    コメントする








       

    新着記事

    カテゴリー

    archives

    recommend

    サラ・ベルナールの世界 ーパリ世紀末ベル・エポックに咲いた華ー
    サラ・ベルナールの世界 ーパリ世紀末ベル・エポックに咲いた華ー (JUGEMレビュー »)

    リボリアンティークスが協力させていただいている展覧会の公式図録兼書籍です。代表中村大地が執筆した作品解説も収録されていますので興味のある方はぜひお求めください。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode