1900年頃のサン=ヴァンサン通りとシャンソニエの写真

0

    1900年頃のサン=ヴァンサン通りとシャンソニエの写真

     

    アール・ヌーヴォーの最大の功績の一つともいえるのが、芸術や文化を広く万人に向けたことでした。その中でも一般庶民が手軽に手にすることが出来た芸術はポストカードです。ロートレックやスタンラン、シェレなどアール・ヌーヴォーの画家たちはポストカードを制作し、特にアルフォンス・ミュシャはポストカードの製作にに力をいれ、多数の作品を残しています。

     

    このような芸術的なポストカードと対をなし当時人気だったポストカードが各地の風景を写真で写したものになります。江戸時代の日本でも北斎の富岳三十六景や広重の東海道五十三次が人気を博したように、当時のフランスでも各地の風景への憧れはつよく、とても人気になりました。また、写真は画家たちにも多大な影響を与え、ユトリロなどはこの風景写真のポストカードをもとに絵画を描いています。

     

    1900年頃のサン=ヴァンサン通りとシャンソニエ

     

     

     

    サン=ヴァンサン通りと言えば、アリスティッド・ブリュアンやシャンソンが好きな方なら馴染みの深い場所です。

     

    ギターを背負っている男の人は、シャンソニエと呼ばれる職業で歌や語りでお金を稼いでいました。このシャンソニエの向かう先には、有名なキャバレー「ラパン・アジル」があるので、そこに向かうのかもしれません。

     

    ちなみに、ラパン・アジルなどシャンソン酒場をキャバレーとは言わずシャンソニエと呼ぶこともあります。むしろ日本ではシャンソニエの方が一般的かもしれません。

     

    現在のサン=ヴァンサン通り

     

     

     

    サン=ヴァンサン通りの標識とキャバレー「ラパン・アジル」

     

     

    また、この通りはモンマルトル美術館の裏であり、

     

     

    モンマルトル美術館から撮影した写真です。

     

    サン=ヴァンサン通りのシャンソン

     

    先ほど、アリスティッド・ブリュアンやシャンソン好きにはお馴染みといいましたが、サン=ヴァンサン通りを題材にしたシャンソンを紹介します。

     

    白いばら(サン=ヴァンサン通り)

     

    アリスティッド・ブリュアンが作詞・作曲した曲で自身も歌いCDが残っていますが、コラ・ヴォケールが歌った歌で有名です。

    他にもイヴ・モンタンも歌っています。

     

    過去の記事

    白いバラ アリスティッド・ブリュアンの現代でも有名なシャンソン

     

    このほかにも、印象派の画家オーギュスト・ルノワールの息子ジャン・ルノワール監督の映画「フレンチカンカン」の挿入歌「モンマルトルの丘」の舞台として登場します。

     

    アリスティッド・ブリュアンの1888年の曲「モンメルトにて」もサン=ヴァンサン通り周辺が舞台となっています。

    モンメルト「Montmerte」とはモンマルトル「Monmartre」の俗語のことです。

     

    リボリアンティークスではアール・ヌーヴォーの作品や当時の写真なども取り扱っておりますので、興味のある方はぜひお越しください


    コメント
    コメントする








       

    新着記事

    カテゴリー

    archives

    recommend

    サラ・ベルナールの世界 ーパリ世紀末ベル・エポックに咲いた華ー
    サラ・ベルナールの世界 ーパリ世紀末ベル・エポックに咲いた華ー (JUGEMレビュー »)

    リボリアンティークスが協力させていただいている展覧会の公式図録兼書籍です。代表中村大地が執筆した作品解説も収録されていますので興味のある方はぜひお求めください。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode