アール・ヌーヴォーのポスター【ブログ連載第1回】

0

    連載第1回:アール・ヌーヴォーのポスター

     

    このブログ連載はアルフォンス・ミュシャやトゥールーズ・ロートレックを含むアール・ヌーヴォーの有名な作品をポスターや版画を中心に絵と解説で紹介やアール・ヌーヴォーの大まかな歴史やポスター製法の用語(例えばリトグラフとは)などを更新いたします。アール・ヌーヴォーのポスター傑作集連載の第1回です。

     

     

    アルフォンス・ミュシャやトゥールーズ・ロートレックは日本でも大変人気があり、国立新美術館でミュシャ展が開催、NHKの日曜美術館では「ミュシャ 未来を見つめる超大作」が放送され、さらに10月からは三菱一号館美術館にて「トゥールーズ=ロートレックと19世紀末パリの版画・ポスター展(仮)」などの展覧会が毎年のように開催されています。

    ロートレックやミュシャが活躍した19世紀末から20世紀初頭にかけての時代を、フランスではベル・エポック(良き時代)と呼びます。1900年にパリで開催された万国博覧会を中心にその前後の10年間は、ヨーロッパの伝統などが退廃していき新しい世紀である20世紀に向け様々な新技術:自動車や写真、映画が誕生しました。

     

    この動きは芸術にも広がりみせ、伝統的でアカデミックな技法や定式化されたアプローチに嫌気がさした芸術家たちが新しい芸術を模索し始めます。その動きこそがアール・ヌーヴォー(新しい芸術)と呼ばれるもので、特にフランスのパリやオーストリアのウィーンで流行します。

     

    アール・ヌーヴォーとはドイツの作曲家でもあるリヒャルト・ワグナー(1813〜1883)の提唱した総合芸術、いわゆる建築、デザイン、美術、音楽などのさまざまな分野の芸術を一つに統合する動きととても似ています。なぜならアール・ヌーヴォーは、各々の都市に従って非常に異なった方法ではありましたが、建築やインテリアデザイン・ガラス工芸品や装飾芸術・本のイラストやポスターなどすべての分野に共通のスタイルとして浸透したからです。この連載ではその中のポスターに焦点を当てていきます。

     

    ジュール・シェレのムーラン・ルージュのポスター

    シェレはアール・ヌーヴォーの先駆者でありモダンポスターの父ともいわれています。

     

     

    アール・ヌーヴォーの成り立ち

     

    アール・ヌーヴォーと呼ばれる新しい芸術は1900年頃を中心に突如として誕生し大流行します。アール・ヌーヴォーの流行した期間については諸説ありますが一般的には1890年から1914年の第一次世界大戦までといわれています。

     

    アール・ヌーヴォーの誕生には、その当時のヨーロッパの芸術への考え方への反発も深くかかわっています。特に1860年頃まではヨーロッパで芸術といえば、純粋芸術と呼ばれる絵画や建築や彫刻であり、それに対し装飾芸術は小芸術と呼ばれ差別的な区別をされてきました。そのような厳格で定式的な考えに異を唱え、イギリスでラファエル前派が結成されます。

     

    このラファエル前派誕生に影響を与えたのが、イギリス人の芸術評論家ジョン・ラスキン(1819〜1900)です。ラスキンは芸術に上下の区別はなく、見たままの自然を忠実に描くことを提唱します。この流れはアール・ヌーヴォー誕生にも深くかかわっており、アール・ヌーヴォーの題材の一つが動植物であり自然でもあることからうかがえます。

     

    ラファエル前派でもあったイギリス人デザイナーのウイリアム・モリス(1834〜1896)は枝や植物の一部を規則的に配置や強調するなど動植物をデザインにとりいれます。この芸術と生活をつなげた動きをアーツ・アンド・クラフツ運動と呼びアール・ヌーヴォーに繋がっていきます。

     

    フランスでも芸術、特に絵画は伝統的な宗教や肖像などを最高位とする流れが強く、それに反発したエドゥアール・マネ(18321883)やエドガー・ドガ(18341917)、ピエール=オーギュスト・ルノワール(18411919)に代表される印象派とギュスターヴ・モロー(1826〜1898)に代表される幻想的な象徴主義が誕生します。

     

    このようにアール・ヌーヴォーは各国のいろいろな芸術運動が重なり合い誕生していきますので、各国の都市により異なる発展をしていきます。このことは各国のアール・ヌーヴォーのポスターの違いからもうかがえます。

     

    ドイツのアール・ヌーヴォーであるユーゲント・シュティールの作品

     

     

     

     

    リボリアンティークスのホームページはこちら

     

    リボリアンティークス

    東京都港区芝5−29−16

    03−3452−8411


    コメント
    コメントする








       

    新着記事

    カテゴリー

    archives

    recommend

    サラ・ベルナールの世界 ーパリ世紀末ベル・エポックに咲いた華ー
    サラ・ベルナールの世界 ーパリ世紀末ベル・エポックに咲いた華ー (JUGEMレビュー »)

    リボリアンティークスが協力させていただいている展覧会の公式図録兼書籍です。代表中村大地が執筆した作品解説も収録されていますので興味のある方はぜひお求めください。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode