写真家ポール・セスコー Paul Sescau

0

    サラ・ベルナールにはミュシャが、アリスティッド・ブリュアンやジャンヌ・アヴリルにはロートレックと、その人物像を特徴づける作品があるように、ロートレックにもロートレックの風貌を特徴づける作品があります。ただしその作品は絵画やポスターではなく、山高帽に眼鏡をかけステッキを持ち右手を軽くポケットにいれた写真になります。

     

    映画や書籍など様々な所で使用、もしくはモデルにされるこの写真は1894年に撮影されました。

    撮影したのは、ロートレックの友人であるポール・セスコー。ポール・セスコーはプロの写真家でロートレックの他にもジャンヌ・アヴリルを撮影しています。

     

     

    この2枚の写真と同じ構図をロートレックもポスターで描いていますので、この写真はロートレックがセスコーに依頼した可能性もあります。

     

     

    写真家セスコーのスタジオはパリのピガール広場にありました。ピガール広場はモンマルトルにある歓楽街で、近くにムーラン・ルージュやキャバレーシャノワール(1897年に閉店)があり、現在でもとても賑やかな場所です。セスコーはピガール広場のスタジオの広告ポスターをロートレックに依頼しました。

     

     

    1896年(もしくは1894年)の作成されたこのポスターはロートレックの作品にしては珍しく横長の作品です。

    右のカメラを構えて顔が隠れている男性がポール・セスコーで、左の女性は写真から逃げるようなしぐさをしているようにも見えます。これは、セスコーが好色家で有名であったことへのロートレックの皮肉で、さらにセスコーの好色を表すかのように、冠布(カメラ後方の遮光布)が両足の間にたれ男性の象徴を表現しているといわれています。

    友人のポスターにも皮肉たっぷりの作品を作成したロートレックですが、このポスターにはもう1つバージョン違いがあります。

     

     

    黄色の仮面つけている女性がこのポスターでは素顔をさらしています。この2枚のポスターはどちらが先でどちらが修正後なのかは研究書でも分かれておりわかりませんが、仮面をつけていない2枚目の方は写真に写るためにポーズを決めているようにも見えます。現存枚数も2枚目の方が多いので、2枚目はセスコーに頼まれ修正したのではないでしょうか。

     

    実はこのようにポスターにはいろいろなバージョンがあるものがあります。少しの違いでも全体の印象が大きく変わり、その印象の変化や変化の背景などに思いを巡らすのもアンティークポスターの楽しみです。

     

     


    コメント
    コメントする








       

    新着記事

    カテゴリー

    archives

    recommend

    サラ・ベルナールの世界 ーパリ世紀末ベル・エポックに咲いた華ー
    サラ・ベルナールの世界 ーパリ世紀末ベル・エポックに咲いた華ー (JUGEMレビュー »)

    リボリアンティークスが協力させていただいている展覧会の公式図録兼書籍です。代表中村大地が執筆した作品解説も収録されていますので興味のある方はぜひお求めください。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode