アリスティッド・ブリュアンの歌集「巷にて」

0

    アリスティッド・ブリュアンの歌集「巷にて」

     

     

    「巷(ちまた)にて」とはアリスティッド・ブリュアンがシャ・ノワールやミルリトンで歌った歌をまとめた歌集で、この画像はその第1巻

     

    題名の「Dans la rue」とはそのまま訳すと、「通りにて」となりますが、1985年の展覧会の和訳が「巷にて」

    でしたので、巷にてにいたしました。他には「街にて」などと訳されている方もいます。

     

    アリスティッド・ブリュアンは当時人気のあったモンマルトルのシャンソン歌手で歌集もその他に「巷にて第二巻」「巷にて第三巻」「路上にて(Sur la Route)」があります。

     

    アリスティッド・ブリュアンの歌声はCDで発売されていますが、全曲収録されているわけではなく一部の代表曲のみとなっています。(このCDはリボリアンティークスでも取り扱っております)

    それでは「巷にて」の中身を紹介していきます。

     

     

     

    この本はアリスティッド・ブリュアンのサインが書かれた貴重本なのでページをめくるとサインが書かれています。

     

    書かれている内容は

    「友 アントワーヌ・オルモンドへ A・ブリュアン モンマルトル 1891年」

     

     

     

     

    次のページにはブリュアンのモノローグ(前書きのようなもの)が書かれ

     

    さらにページをめくると中にはこのように楽譜と歌詞そしてイラストが描かれています。イラストはテオフィル・スタンラン

     

     

    前にブログで書きましたロートレックの別名トレクロ―のイラストも収録されています。

     

    ですが、ロートレックのイラストは

     

    女性だけですので

     

     

    ですので、赤まるの箇所はスタンランが描き足したものだと思われます。

     

     

    スタンランの描いたアリスティド・ブリュアン

     

     

    スタンランのイラストも豊富に掲載され見ていて飽きない歌集です。

     


    コメント
    コメントする








       

    新着記事

    カテゴリー

    archives

    recommend

    サラ・ベルナールの世界 ーパリ世紀末ベル・エポックに咲いた華ー
    サラ・ベルナールの世界 ーパリ世紀末ベル・エポックに咲いた華ー (JUGEMレビュー »)

    リボリアンティークスが協力させていただいている展覧会の公式図録兼書籍です。代表中村大地が執筆した作品解説も収録されていますので興味のある方はぜひお求めください。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode