エッフェル塔の鉄骨を再利用した時計!?

0

    みなさん、エッフェル塔の鉄骨を再利用した時計があることをご存知ですか?

    エッフェル塔は1889年にパリの万国博覧会のために建てられた当時世界一高い建物(1930年まで)です。

    今ではパリを代表する建物ですが、建築当初はいろいろと反対もあり、実は1909年には解体される予定でした!?
    しかし、ラジオの普及など無線を飛ばす塔としての役割が出き、取り壊されずに済みました。日本の東京タワーやスカイツリーなどは電波塔の役割が最初からありましたが、エッフェル塔はただの万博のモニュメントなのでその役割がなかったのです。

    ちなみに1889年にパリで出来た建物でもう一つ有名なものがあります。

    わかります??

    それは

    そうムーランルージュです。実はムーランルージュとエッフェル塔は同じ1889年に出来ました。

    と、話が脱線しましたが、このエッフェル塔の鉄骨を再利用した時計があるのです!!

    それがこちら



    エッフェル塔が改修工事をした時に、使用していた鉄骨の一部を譲り受け、その稀少なスチールを再加工してベゼルを製作したそうです。

    ベゼルとは縁のブロンズ色の部分。下の写真と見比べてもらえば分かりますがこのエッフェル塔のスチールからカットしたベゼルは
    幾何学的なフォルムとブラウンカラーをいかしています。

    これはエッフェル塔を下から見上げた写真

    しかもこの時計には

    エッフェル塔委員会の真正証明書がついてきます。

    このように1889年の物を利用して新しいのをつくる、これも一つのアンティークの形だと思い紹介しました。


    コメント
    コメントする








       

    新着記事

    カテゴリー

    archives

    recommend

    サラ・ベルナールの世界 ーパリ世紀末ベル・エポックに咲いた華ー
    サラ・ベルナールの世界 ーパリ世紀末ベル・エポックに咲いた華ー (JUGEMレビュー »)

    リボリアンティークスが協力させていただいている展覧会の公式図録兼書籍です。代表中村大地が執筆した作品解説も収録されていますので興味のある方はぜひお求めください。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode