シャノワールの挿絵 ジャーナル ル・シャ・ノワール 新聞「黒猫」その2

0

    初期のシャ・ノワールを語る上で欠かせない画家アドルフ・ウィレット(1857年〜1926年)
    まずは彼の有名な挿絵を紹介します。

    この絵が「ピエロ・ファミスト」訳すると「ふざけたピエロ」という作品で、1882年3月18日発行の第10号に掲載された最初の挿絵です。この絵は人気を博し他にも

    ピエロ・アムール(恋するピエロ)や

    見開きでも掲載されています。

    このピエロはウィレットの代名詞にもなり、

    上の絵のようにロートレックもウィレットのピエロを書いています。
    この絵はウィレットが作った雑誌の表紙をロートレックが描いたものです。

    また、他の画家もシャノワールの思い出としてこんな絵を書いています。

    右のピエロがウィレット 左のネコがスタンラン その間で偉そうに椅子に座っているのがサリだと思われます。

    最後に僕がウィレットの中で一番好きな絵を紹介します。

     それがこのParce, Domine, parce populo tuo/ne in aeternum irascaris nobi

    という作品。パリのモンマルトル美術館に飾ってある油絵で、実際のシャノアールでもかかっており、シャノワールが移転するときこの絵を担いで引っ越しをしたともいわれているほどシャノワールを代表する絵です。

    もちろん列の先頭にピエロがいます。そして右には黒猫もいます。

    それでは今回はこのへんで〜

     


    コメント
    コメントする








       

    新着記事

    カテゴリー

    archives

    recommend

    サラ・ベルナールの世界 ーパリ世紀末ベル・エポックに咲いた華ー
    サラ・ベルナールの世界 ーパリ世紀末ベル・エポックに咲いた華ー (JUGEMレビュー »)

    リボリアンティークスが協力させていただいている展覧会の公式図録兼書籍です。代表中村大地が執筆した作品解説も収録されていますので興味のある方はぜひお求めください。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode