パリでロートレックを見る! その3 テルトル広場からル・シャノワール 開店の地へ

0

    パリでロートレックを見る! その3 テルトル広場からル・シャノワール 開店の地へ


    前回やっとモンマルトルの中心テルトル広場につきました!

    そして、テルトル広場はお土産屋さんや、そして何といっても似顔絵かきです。



    こんな感じでみなさん書いてもらっています。

     

    時間にもよりますが、この辺はカフェもたくさんあるので、昼食か一休み。アメリで有名なカフェはムーランルージュの近くなので、また今度。

    しかし、少し足をのばせばルノワールの絵でも有名なムーラン・ドゥ・ラ・ギャレットが近くにあります。少しより道になりますが時間のある方や健脚の方にはお勧めです。

     

    レストラン、ムーラン・ドゥ・ラ・ギャレットについてはモンマルトルのおすすめレストラン「ムーラン・ドゥ・ラ・ギャレット」に書いてあります。

    では、そろそろル・シャノワールの開店の地に向かいます。

    どんどん坂を南に降りていき、Rochechouart通りを目指します。

    Rochechouart通りについたら左に曲がり、てくてく進むと、


    Zoumという靴屋がでてきたら止まります。もしくは84の番地

    ここがルドルフ・サリが作った、パリ最初のキャバレーともいわれる、ル・シャンワール跡地です。

    扉の左には、


    シャノワールの説明が! これはHistoire de Paris というパリの史跡案内板です。

    サリはここにシャノワールを1881年にオープンしますが、いろいろと町の顔役などに疎まれ、1885年に移転をします。

    それでは移転した先に向かってみましょう!

    でも、その前にせっかくの通り道なので、ディボン・ジャポネの跡にも寄ってみたいと思います。

    さあ、Rochechouart通りを西に5分ぐらい向かって歩いていると、Rue de Martyrsという通りが右手に出てきます。

    すると



    DIVANと書かれた建物が見えるはずです!これが、ディボン・ジャポネの跡地になります。

    つづく

    パリでロートレックを見る! その4 ディボン・ジャポネからシャ・ノワール移転地そして、ムーランルージュへ

     

    前回の記事

    パリでロートレックを見る!  その2 モンマルトル美術館とテルトル広場

     

    パリでロートレックを見る! ムーラン・ルージュ〜モンマルトル散歩コース  その1

     

    旅行記トップはこちら


    コメント
    早く続きが読みたいです☆
    • ヴォリ
    • 2014/10/10 11:58 PM
    コメントする








       

    リボリアンティークスのネットショップ

    ネットショップ

    実際に作品をご覧になりたい方は

    side-gallary.jpg

    新着記事

    カテゴリー

    archives

    recommend

    サラ・ベルナールの世界 ーパリ世紀末ベル・エポックに咲いた華ー
    サラ・ベルナールの世界 ーパリ世紀末ベル・エポックに咲いた華ー (JUGEMレビュー »)

    リボリアンティークスが協力させていただいている展覧会の公式図録兼書籍です。代表中村大地が執筆した作品解説も収録されていますので興味のある方はぜひお求めください。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode