なぜリボリ?店名の由来

0

    いまさらですが、うちのお店の名前はリボリです。スペルはRIVOLI。

    フランス語の発音では正確にはリヴォリなのですが、カタカナで読みやすくリボリにしました。

    それはさておき、リボリとはRue de Rivoli(リヴォリ通り)からとっています。(ナポレオンのリヴォリの戦いとは関係ありません。パリのリヴォリ通りの由来ではありますが)

    この通りは有名な通りで、パリに行ったことのある方は必ず歩かれていると思います、大多数の方は道の名前など興味ないかもしれませんが・・・

    正解はルーブル美術館の前を通っている道路で、コンコルド広場とバスティーユ広場を東西に結んでいます。

    また、モンブランで有名なアンジェリーナやパリ市庁舎、シャトレなどなど、芸術家らショッピングまでなんでもそろっています。

    では、なぜこの通りの名前にしたか。

    それは、昔1900年頃の話ですが、日本の美術品を扱うお店がこの通りにあったことやミュシャのポストカードなどを扱うショプがあったからです。

    気軽に本物を楽しんでいただきたいと思い、いろいろ店名を考えた結果、ロートレックやミュシャが活躍していた時代にあるお店を目指しリボリにいたしました。

     



    この写真がミュシャやロートレックが活躍した時代のポストカードショップです。
     


    コメント
    次の更新期待してます☆
    • ボリ
    • 2014/10/04 9:47 PM
    コメントする








       

    リボリアンティークスのネットショップ

    ネットショップ

    実際に作品をご覧になりたい方は

    side-gallary.jpg

    新着記事

    カテゴリー

    archives

    recommend

    サラ・ベルナールの世界 ーパリ世紀末ベル・エポックに咲いた華ー
    サラ・ベルナールの世界 ーパリ世紀末ベル・エポックに咲いた華ー (JUGEMレビュー »)

    リボリアンティークスが協力させていただいている展覧会の公式図録兼書籍です。代表中村大地が執筆した作品解説も収録されていますので興味のある方はぜひお求めください。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode