次回のアート・セミナーのお知らせ

0

    次回のアート・セミナーのお知らせ

     

    アート・セミナーですが、7・8月はお休みさせていただき次回は9・10月に開催いたします。

     

    内容は「サラ・ベルナールとミュシャ」

     

    ミュシャのデビュー作「ジスモンダ」に描かれた女性としても有名な「サラ・ベルナール」、ミュシャが好きな人なら名前は知っているとは思いますが、実はこの時彼女はすでに50歳でした。サラは意外と遅咲きで20代後半から活躍を始め、1880年椿姫をはじめ30代後半からはフランスを代表する大女優となります。ちなみにミュシャの描いた椿姫は1896年に再演された時の物。

     

     

    1875年(31歳)のサラ・ベルナール


    5・6月のセミナー「ミュシャとアール・ヌーヴォーの画家たち」の様子

    0

      5・6月のセミナー「ミュシャとアール・ヌーヴォーの画家たち」の様子

       

      5月26日と6月23日にリボリアンティークスのギャラリーにて「ミュシャとアール・ヌーヴォーの画家たち」のセミナーを行いました。

       

       

      アール・ヌーヴォーと言えばミュシャが有名ですが、日本ではあまり知られていないアール・ヌーヴォーを代表する画家たち4人を中心に、実際に作品をご覧いただきながら解説いたしました。


      5・6月のアート・セミナー「ミュシャとアール・ヌーヴォーの画家たち」のお知らせ

      0

        5・6月のアート・セミナー「ミュシャとアール・ヌーヴォーの画家たち」のお知らせ

         

        次回のアート・セミナーは「ミュシャとアール・ヌーヴォーの画家たち」、19世紀末のベル・エポックと呼ばれた時代のパリで流行したアール・ヌーヴォー、日本ではアルフォンス・ミュシャが有名ですが、その他にもグラッセやド・フルールなど日本ではあまり知られていませんが、パリのオルセー美術館や装飾美術にも収められています。

         

        アート・セミナーの日時は、5月26日(土)13:00~14:30と6月23日(土)13:00~14:30の2回、内容は各回とも同じで場所はリボリアンティークスのギャラリーにて行います。定員5名:要予約、最少催行人数:1名 セミナー代1,000円(学生800円)

         

        5月26日   13:00〜14:30 (残席あり)

        6月24日 13:00〜14:30 (残席あり)

         

         

        このような感じで行っております、過去のセミナーの様子は

        3月・4月のアート・セミナーの様子「美しきアルフォンス・ミュシャの挿絵と絵はがき」

        1月・2月のアート・セミナーの様子「ル・シャ・ノワール」

        10月・11月のアート・セミナーの様子

        をご覧ください。

         

        それでは今回の内容です。

         

         


        3・4月のアート・セミナーの様子「美しきアルフォンス・ミュシャの挿絵と絵はがき」

        0

          3・4月のアート・セミナーの様子「美しきアルフォンス・ミュシャの挿絵と絵はがき」

           

          3月24日と4月14日にリボリアンティークスにて、実際に観て学ぶアート・セミナー「美しきアルフォンス・ミュシャの挿絵と絵はがき」を開催いたしました。

           

           

          今回は挿絵や絵はがきが中心のため、机のレイアウトを変更して行いました。

          実際に作品をご覧いただきながらのセミナーのため定員5名までの少人数制となっておりますが、1名からでも行っておりますので機会がございましたらぜひご参加ください。

           

          では、セミナーに参加された方には復習として、またお時間の都合で来られなかった方や興味のある方のために、当日セミナーで行った内容を簡単にまとめてあります。セミナーに参加された方で、このまとめをみてまた質問等ありましたらお気軽にお聞きください。

           


          アート・セミナー「美しきアルフォンス・ミュシャの挿絵と絵はがき」のお知らせ

          0

            アート・セミナー「美しきアルフォンス・ミュシャの挿絵と絵はがき」のお知らせ

             

            次回のアート・セミナーは「美しきアルフォンス・ミュシャの挿絵と絵はがき」、アルフォンス・ミュシャの略歴やその時代になぜ版画や絵はがきが流行したのかを交えながらミュシャの挿絵や版画、それに絵はがきを中心とた作品の解説をしていきます。

             

            アート・セミナーの日時は、3月24日(土)13:00~14:30と4月14日(土)13:00~14:30の2回、内容は各回とも同じで場所はリボリアンティークスのギャラリーにて行います。定員5名:要予約、最少催行人数:1名 セミナー代1,000円(学生800円)

             

            3月24日 終了しました

            4月14日 13:00〜14:30 (残席あり)

             

            このような感じで行っております、過去のセミナーの様子は

            1月・2月のアート・セミナーの様子「ル・シャ・ノワール」

            10月・11月のアート・セミナーの様子

            をご覧ください。

             

            それでは今回の内容についてです。

             

             


            1月・2月のアート・セミナーの様子「ル・シャ・ノワール」

            0

              1月・2月のアート・セミナーの様子「ル・シャ・ノワール」

               

              1月27日と2月10日に開催いたしました「実際に作品を観て学ぶアート・セミナー」、今回はパリのキャバレー「ル・シャ・ノワール(黒猫)」について

               

               

              実際にリボリアンティークスのギャラリーにて作品をご覧いただきながらのセミナーのため定員5名までの少人数制となっております。最少催行は1名からなので機会がございましたらぜひご参加ください。

               

              セミナーに参加された方には復習として、またお時間の都合で来られなかった方や興味のある方のために、当日セミナーで行った内容を簡単にまとめてあります。セミナーに参加された方で、このまとめをみてまた質問等ありましたらお気軽にお聞きください。

               


              パリのキャバレー「ル・シャ・ノワール」とは?

              0

                パリのキャバレー「ル・シャ・ノワール」とは?

                 

                1月27日と2月10日に開催するアート・セミナーの内容をちょっと紹介します。

                 

                今回のセミナーでは、パリにかつて存在したキャバレー「ル・シャ・ノワール」についてです。キャバレーというとホステスの接客やダンスなどを思い浮かべると思いますが、この「シャ・ノワール」はそういう意味でのキャバレーではありません、もちろんフランスにそういったキャバレーがなかったわけではなく、その後開店した「ムーラン・ルージュ」はみなさんの思うキャバレーに近いと思います。

                 

                では、どういう場所であったのか?それを今回のセミナーでは、解説したいと思います。

                 


                1・2月のアート・セミナーのお知らせ

                0

                  1・2月のアート・セミナーのお知らせ

                   

                  キャバレー「ル・シャ・ノワール」とは?

                   

                  今回のセミナーは、エリック・サティがピアノを弾き、アリスティッド・ブリュアンが歌い、トゥールーズ・ロートレックが通った、伝説的なキャバレー「ル・シャ・ノワール」についてです。

                   


                  10月・11月のアート・セミナーの様子

                  0

                    10月・11月のアート・セミナーの様子

                     

                    10月と11月に当ギャラリーで「実際に作品を観て学ぶアート・セミナー」を開催いたしました。

                     

                    今回は国立西洋美術館にて「北斎とジャポニズム展」三菱一号館美術館にて「パリグラフィック展」いわき市立美術館にて「ロートレックとベルエポックの巴里展」が開催されていることもあり4回ともすべて同じ「パリのグラフィックポスター」という内容でセミナーを行いました。日本でも人気の高い19世紀末のフランス・パリがテーマということもあり多数の方にご参加いただき誠にありがとうございました。

                     

                    ギャラリーでのセミナーの様子。最大定員5名の少人数制となっております。

                     

                    今回はセミナーに参加された方には復習として、またお時間の都合で来られなかった方や興味のある方のために、当日セミナーで行った内容を簡単にまとめてあります。セミナーに参加された方で、このまとめをみてまた質問等ありましたらお気軽にお聞きください。

                    続きを読む >>

                    1

                    新着記事

                    カテゴリー

                    archives

                    links

                    profile

                    search this site.

                    others

                    mobile

                    qrcode