アンコエラン派(Les Arts Incohérents)とは

アンコエラン派は、1882年にパリの作家ジュール・レヴィJules Lévy(1857-1935)によって設立されたフランスの芸術運動。Les Arts Incohérentsはレ・ザール・ザンコエランと読み、「支離滅裂な芸術」を意味します。アート&クラフトやパリの有名な美術学校、国立装飾美術学校などに代表される装飾芸術に対抗して作られ、非合理的で無秩序な作品を好み、ナンセンスやユーモアなスケッチ、工芸品、子供の絵、絵画の教育を受けていない人々が描いた作品などを発表しました。レヴィは1878年にジャーナリストや詩人でもあるエミール・グドー(1849〜1906)が結成し、ユーモア雑誌「イドロパット」(水治療法)を発行した文学者集団レ・ジドロパット(水治療法派)のメンバーでした。イドロパットとはフランス語で水治療法のことを指しますが、グドーは「酒を愛し水を毛嫌いする」精神と皮肉をこめ、水治療法派と名付けました。

 

図1(1882年10月のアンコエラン派の展覧会の招待状、絵の作者はアンリ・ブーテ)

 

しかし、このレ・ジドロパットは1880年に解散しレヴィやグドーなど大半のメンバーはキャバレー「シャ・ノワール」のメンバーになります。

アンコエラン派を有名にしたのは、1882年10月の展覧会です。展覧会の会場はアントワーヌ・ デュボア通りにあったジュール・レヴィのアパートで行われ(図1参照)シャ・ノワールの新聞にも掲載されたこの展覧会にはエドゥアール・マネ、ピエール=オーギュスト・ルノワール、カミーユ・ピサロ、リヒャルト・ワーグナーを始め2000人以上の観客が集まり大盛況となり、その後翌年の1883年から1893年まで不定期にパリや郊外などでアンコエラン派の展覧会が行われます。

しかし1890年代に入り、パリがベルエポックと呼ばれるアール・ヌーヴォー全盛の時代になるにつれて徐々に衰退し1896年を最後にレヴィはアンコエラン派を諦めます。翌年1897年にはキャバレー「シャ・ノワール」も閉店し、モンマルトルの文化の中心はムーラン・ルージュなどに移っていきました。

アンコエラン派の活動時期は短い間でしたが与えた影響は大きく、ジュール・シェレの1884年のアンコラン派の展覧会のポスターはジョルジュ・メリエスの「月世界旅行」や「不可能を通る旅」(図2・3・4参照)に、サペックの描いた「パイプを咥えるモナリザ」で30年後にマルセル・デュシャンの描いた「L.H.O.O.Q.」(エラ・ショ・オ・キュー)髭が描かれたモナリザに影響を与えています。アンコエラン派に所属していた主な画家や作家は、カトゥーン・アニメの創始者エミール・コールやアンリ・ピル、アルフォンス・アレーなどが上げられます。

 

アンコエラン派の展覧会1886年

(図2) 1886年に開催されたアンコエラン派の展覧会のカタログ、月に向かって飛び込んでいる人物はアンコエラン派の創始者ジュール・レヴィ、絵の作者はジュール・シェレ)

 

(図3・4) ジョルジュ・メリエスの「月世界旅行」と「不可能を通る旅」

 

(図5) 1889年のアンコエラン派の展覧会のポスター、絵の作者はジュール・シェレ、このシェレの描くクラウンの頭のモチーフはジョルジュ・スーラなど他の画家に影響を与えます。

アール・ヌーヴォーのアンティークポストカード(絵はがき)とは

ヨーロッパの有名な画家の絵や写真などが印刷されたアンティークのポストカード。世界的にもコレクターが多く、1900年頃のアール・ヌーヴォーのアンティークポストカードは希少性も高く高値で取引されています。

アンティークポストカードそのなかでも、ここでは絵入りのポストカード「絵はがき」について説明いたします。はがきの歴史は、1869年にオーストリアで作られた官製はがきが最初だと言われています。この官製はがきには絵などはなく、表には宛先、裏には文章ととてもシンプルなものでした。オーストリアで始まった官製はがきは、ヨーロッパ中に広まり、1878年に国際会議ではがきの寸法が最大9×14cmと定められます。したがってアンティークポストカードは9×14僂離汽ぅ困多く、現在の日本の一般的なはがきサイズ10×14.8僂箸楼曚覆蠅泙后1871年にはベルギーで最初の絵はがきが誕生します。(1871年のウィーンで発行された絵はがきが最初との説もあります)はがきの作成が1870年代にはいると民間企業にも許可され、その後印刷技術の向上などによってカラー印刷などが登場し、1898年頃から1918年(第一次世界大戦)までが絵はがきの黄金時代と呼ばれています。この時期はちょうど、フランスの「ベル・エポック」と呼ばれる時代で、アール・ヌーヴォーが最盛期を迎えていました。

 

パリでは1890年頃よりポスター芸術が人気になり、ポスタ―のコレクターが現れ始めます。それまでのポスターは広告・配布物であり一般大衆が購入するということはありませんでした。
それが1895年に近代ポスターの父と言われるジュール・シェレが「ポスターの巨匠たち」というポスターコレクションを出したことにより、一般大衆が絵を収集できるようになり、さらにミュシャやシュンプノア社は広告物では無いポスター「装飾パネル」を販売しポスターは大衆のための文化として大流行します。

 

この流れはもちろん、絵はがきにも影響を与え、1898年にシノスより36種類の絵はがきが発売されます。この中にはロートレックやミュシャそしてシェレなどの有名な作品があり、有名なポスターをポストカードサイズに直した最初の絵はがき集です。


シノスより発行されたロートレックの「ムーラン・ルージュ ラグリュ」の絵はがき

ロートレックの絵はがきは大変珍しく、現在確認されているのはこの図柄のみとなっています。


シノスより発行されたミュシャの「シスモンダ」の絵はがき

サラベルナールの劇場ポスターを描いた絵はがきもシノスからしか発行されておりません

 

ポスターの縮小版といっても、ただ縮小したわけではなく注意深く計算されて作成されたものです。サイズも縦横の比率も違う絵を、絵はがきに合うように画家が、配置を変え文字やデザインを変えて、絵はがきオリジナルの作品に仕上げており、絵はがきに貴重な価値を与えています。1900年頃になると絵はがきオリジナルの作品も多数登場するようになります。アール・ヌーヴォーのスローガンでもある「万人の中の芸術」「万人のための芸術」は、絵はがきを顕著に表しています。絵はがきがあらゆる階層の人々に最初に芸術をもたらしたとも言えるからです。絵はがきはその後、サイズも小さく収集しやすい面もありポスターの人気を凌ぐ勢いで、普及していきます。企業の広告も絵はがきを多用するようになり、絵はがきだけの展覧会なども当時から開催されます。絵はがきの人気を裏付ける一例として、ミュシャは、雑誌に掲載されていた時はモノクロの作品を、絵はがきではカラーと豪華にアレンジしています。ミュシャは、絵はがきの作製にも特に力をいれた人物です。

ミュシャは絵はがきオリジナルの図案


 

しかし、第一次大戦が終戦を迎えるとアール・ヌーヴォーは終焉し、時代がアール・デコに移っていくと、アール・ヌーヴォーは世間から嫌われ、アール・ヌーヴォーの作品は壊されたり捨てられたりしました。(アール・ヌーヴォーを代表するパリの有名なメトロの入口も一つを除きすべて壊されました)アール・ヌーヴォーを今に伝える絵はがき、その当時の文字や筆記体、切手や面に対する図柄の比率などポスターとは違った素晴らしさ、楽しみがあります。あまり絵はがきは展覧会でも展示されることはありませんが、目にする機会があったらぜひ楽しんでみてください。
 

映画「ショコラ〜君がいて、僕がいる〜」に出てくるポスター解説。

現在公開中の映画「ショコラ〜君がいて、僕がいる〜」を観てきました。

題名のショコラとは写真右の黒人芸人の芸名で、写真左の相方はフッティといいました。

この二人は映画史上初めてスクリーンに登場した芸人コンビで、トゥールーズ・ロートレックも描いています。

実際映画にはロートレックは出てきませんが、名前と彼のポスターは一瞬ですが出てきます。

なので、映画「ショコラ」をより深く楽しむために、出てくるポスターを中心に解説していきます。

 

 

ショコラとは19世紀末から20世紀初頭に活躍した黒人芸人で、そのショコラを演じるのは「最強のふたり」でセザール賞最優秀主演男優賞を受賞したオマール・シー、相方フッティを演じるの喜劇王チャーリー・チャップリンの孫、ジェームズ・ティエレ、しかも、ティエレは実際に4歳からサーカスに出演していた経歴があり、まさに当たり役です。なぜかというと、このコンビ「フッティとショコラ」(Foottit et Chocolat)は実際に「ヌーヴォー・シルク」というサーカスで活躍した芸人だからです。

 

映画に出てきたポスターはこちら

フェリックス・ポタンのチョコレートの広告

作者はジョエ・ブリッジ、描かれたのは1922年ごろです。

 

ロートレックの絵を参考にして作成したというポスターが映画の中に出てきますが、あのポスターは映画のオリジナルです。

参考にしたと思われるロートレックの絵はこちら

1894年「ニブ」

実はこの作品も上記のポスターと同じくポタンのチョコレートの広告です。

 

次は映画の中に出てきたロートレックのポスター2枚を紹介

 

 

この2枚ほんとに一瞬ですが、映画に出ています。

場面は、アントワーヌ劇場です。

この2枚のロートレックのポスターはアントワーヌ劇場の前身「自由劇場」の公演ポスターです。

 

次はショコラにまつわるポスターの紹介です。

ショコラは1888年のヌーヴォー・シルク公演「ショコラの結婚」(La Noce de Chocolat)で有名になります。

その時の主演ポスターがこちら

ヌーヴォー・シルクは映画でもショコラとフッティが所属していたサーカスです。

 

最後に、ロートレックがショコラを描いた傑作を紹介します。

リール誌に掲載された「バーで踊るショコラ」

 

 

1951年の映画「巴里のアメリカ人」でジーン・ケリーがこの衣装・ポーズをして踊ったことでも有名な作品です。

なので、映画「ショコラ」でもこの衣装・ポーズをするかなと期待していたのですが、しませんでした。。。

 

ちょっと違った視線で映画を観るのも楽しいので、観た人も観てない人も映画「ショコラ〜君がいて、僕がいる〜」おすすめですよ〜