「ジスモンダ」 アルフォンス・ミュシャ〜2つのジスモンダの違い

0

    「ジスモンダ」 アルフォンス・ミュシャ〜2つのジスモンダの違い

     

     

    アルフォンス・ミュシャが1894年に描いた、サラ・ベルナール主演の演劇「ジスモンダ」のポスター、中央に描かれている女性がサラ・ベルナールであり主人公である女王ジスモンダを演じています。

    この絵でも特徴的であるサラが手にする植物はナツメヤシ(日本では棕櫚(シュロ)とも)の枝であり、このことから枝の主日(もしくは棕櫚の日曜日、復活祭の1週間前の日曜日であり、キリストが受難の前にエルサレムに入ったことを記念する日)の場面であることがわかります。


    シャンフルーリの「猫 Les Chats」とマネの「猫の逢引(ランデブー)」

    0

      シャンフルーリの「猫 Les Chats」とマネの「猫の逢引(ランデブー)」

       

      「猫の逢引」エドゥアール・マネ

       

      前回の記事で紹介した「猫の逢引き(ランデブー)」le Rendez-vous des chats

       

      この作品は、小説家であり美術批評家であったシャンフルーリによる猫について書かれた本「猫 Les Chats」の宣伝のためのポスターです。


      マネ・シェレ・スタンランの黒猫

      0

        マネ・シェレ・スタンランの黒猫

         

        まず初めに紹介するのは、エドゥアール・マネが1868年に描いた「猫の逢引き」le Rendez-vous des chats

         

        「猫の逢引」エドゥアール・マネ

         

        この作品はシャンフルーリの本「猫たち」の宣伝用ポスター、マネの描いた黒猫はこの作品やオランピアが代表的な作品で後の芸術家たちに多大な影響を与えました。

         

         


        GWの営業時間のお知らせ

        0

          GWの営業時間のお知らせ

           

           


          キャバレー「ル・シャノワール(黒猫)」の主題歌

          0

            キャバレー「ル・シャノワール(黒猫)」の主題歌

             

            スタンランの描いた絵でも有名なパリで最初のキャバレー「ル・シャノワール」

             

             

            実はこのシャノワールに、主題歌(テーマソング)があるのをご存知でしょうか?

             

            曲名は「シャノワールのバラード」

             

            シャノワールがオープンした2年後の1884年に発表されました。

             

             

            作詞・作曲はモンマルトルの人気歌手アリスティッド・ブリュアン。

             

            この曲はアリスティッド・ブリュアンが歌っているCDも残っていますので興味のある方はぜひ。

             


            アリスティッド・ブリュアンの歌集「巷にて」

            0

              アリスティッド・ブリュアンの歌集「巷にて」

               

               

              「巷(ちまた)にて」とはアリスティッド・ブリュアンがシャ・ノワールやミルリトンで歌った歌をまとめた歌集で、この画像はその第1巻

               

              題名の「Dans la rue」とはそのまま訳すと、「通りにて」となりますが、1985年の展覧会の和訳が「巷にて」

              でしたので、巷にてにいたしました。他には「街にて」などと訳されている方もいます。

               

              アリスティッド・ブリュアンは当時人気のあったモンマルトルのシャンソン歌手で歌集もその他に「巷にて第二巻」「巷にて第三巻」「路上にて(Sur la Route)」があります。

               

              アリスティッド・ブリュアンの歌声はCDで発売されていますが、全曲収録されているわけではなく一部の代表曲のみとなっています。(このCDはリボリアンティークスでも取り扱っております)


              サラ・ベルナールの世界展が箱根ラリック美術館で28日より開催

              0

                サラ・ベルナールの世界展が箱根ラリック美術館で28日より開催

                 

                 

                25日まで大阪の阪急うめだ本店で開催されていた「サラ・ベルナールの世界展」ですがいよいよ関東地方でも開催されます。

                 

                 

                 


                大阪の阪急うめだ本店で開催されている「サラ・ベルナールの世界展」に行ってきました。

                0

                  大阪の阪急うめだ本店で開催されている「サラ・ベルナールの世界展」に行ってきました。

                   

                   

                   

                  先日、大阪・梅田にある阪急うめだ本店にて3月25日までフランス・フェア2019と同時開催されている「サラ・ベルナールの世界展」を観に行ってきました。

                   


                  ミュシャについて書かれたハガキ

                  0

                    ミュシャについて書かれたハガキ

                     

                    現在では日本だけでなく世界中で人気のアルフォンス・ミュシャですが、ミュシャが活躍していた当時1900年頃は実際に人気があったのか疑問に思ったことはないでしょうか?

                     

                    もちろん沢山の作品を残しているので人気があったことは疑いようがないですがここでは一般の人がミュシャをどう思っていたか残っているハガキなどで紹介したいと思います。

                     

                     

                    まずは1枚目のこのハガキ、文字の一番上にミュシャ(Mucha)と書かれているのがわかります。

                     

                     


                    阪急うめだ本店様で「サラ・ベルナールの世界展」が開催されます。

                    0

                      阪急うめだ本店様で「サラ・ベルナールの世界展」が開催されます。

                       

                       

                      3月16日(土)〜25日(月)にかけて大阪にある阪急うめだ本店、9階の阪急うめだギャラリー様にて「サラ・ベルナールの世界展」が開催されます。

                      続きを読む >>


                      新着記事

                      カテゴリー

                      archives

                      recommend

                      サラ・ベルナールの世界 ーパリ世紀末ベル・エポックに咲いた華ー
                      サラ・ベルナールの世界 ーパリ世紀末ベル・エポックに咲いた華ー (JUGEMレビュー »)

                      リボリアンティークスが協力させていただいている展覧会の公式図録兼書籍です。代表中村大地が執筆した作品解説も収録されていますので興味のある方はぜひお求めください。

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode